オリジナルパーカーを作ろう

surishiは、多くのお客様からキャップのお問い合わせをいただきます。
「他で断られたけど。。。」「相談してよかった!」「刺繍より早くて安い!」
キャップは立体にプリントするので職人の腕の見せ所。実際プリントできない会社が多いです。
surishiにはコンセルジュがいるので、色々相談できることが何よりも1番喜ばれて
いるみたいです。さあオリジナルのかっこいいキャップを作ろう!

プリント面積が広い!プリント箇所が多い!今ならキャンペーンでお得!
ロンT、スウェット&パーカー最安宣言!

相談できるから安心

プリントのこともキャップのこともよく分からない。でも大丈夫!
予算や納期のこと、デザインや目的まで相談できるのがsurishi。安いだけじゃない!
何でも相談できると喜ばれているのがポイントです。

surishiは、いつも多くのお客様からプリント制作についてご相談をいただいてます。多くのお客様がおっしゃるのは「他社でできないと言われた。」「相談して良かった。」「初めからsurishiにすれば良かった。」と色々相談できることが喜ばれているみたいです。ぜひぜひお気軽にご相談ください。

プリントのサイズと範囲

プリントサイズ「もう少しだけ大きくできませんか?」
そんな要望に出来るだけお応えします。実はキャップは商品ごとにプリントできる面積もそれぞれ。
深い帽子もあれば浅い帽子も、長いツバもあれば短いツバもあります。

キャップのプリント領域 キャップは細かいパーツをつなぎ合わせて全体を作っています。どこでも好きなところにプリントできるわけでなく、縫い目の段差やへこんでいる部分にはインクが届かないので、縫い目部分を避けてデザインする必要があります。また、メッシュなどの目の荒い部分にはプリントできません。

一番あった方法でプリントする

「ここにもワンポイントで入れられませんか?」
そんな要望に出来るだけお応えします。小さなパーツにプリントするのはちょっと手間なので
他社で断れたお客さんがsurishiによく来ます。

キャップは、商品によって形や製法が違いますので商品ごとにプリント面積は変わってきます。深い帽子もあれば浅い帽子も、長いツバもあれば短いツバもあります。surishiの場合、いただいたデザインデータをそのままプリントするのではなく、お客様のご意見を聴きながらそのキャップにあった大きさに調整してからプリントします。「もっと大きくしたい」「バランスよく配置したい」など、お客様のご要望にできる限りお応えするのがsurishiポイントなのです。

ワンポイントでちょとオシャレに!

キャップのプリント領域

キャップには小さいけれどプリントできるスペースがあったりします。そんな小さなスペースを使ってプリントを入れるとワンランク上のオリジナルキャップの完成です。
小さなスペースにロゴやキャラクター、メッセージなどを入れる、ホントちょっとしたことなのにオリジナル感とともにオシャレ感UP!

キャップの製版代金の目安

キャップのプリントの場合、正面だけ特別な版が必要になります。キャップ版という特殊な版なため若干普通版に比べて割高になります。ツバと側面は通常と同じですが、前述したとおり商品によって形や製法が違いますので商品ごとにプリント面積は変わってきます。上の表は目安になりますので、プリントする商品を決定してからご相談・お問い合わせください。

直観的な操作で簡単デザイン! surishi エディターでパーカーを作ろう!

キャップ制作をもっと便利に簡単に。
Tシャツやスウェットなどのウェア制作とはちょっと違うキャップ制作。
デザインする時に気をつけたいポイントをまとめました。

1

デザインの色数は少ない方が吉。

キャップは他のウェアと違って畳めない(立体)構造にプリントすることになります。デザインを1色づつプリントしていくシルクスクリーンプリントだと色数(版数)が多いとどうしてもズレやすくなってしまいます。なので多くても3色、できれば1色の方がキレイにプリントできます。しかも版代も少なくて安く済むのでお財布にも吉です。

2

素材の性質上、ビビッドなインクカラーは避けたい。

生地色に対して、プリントカラーが透けてしまうことを色負けと言います。特に濃色地のものに淡色のインクをプリントするとよく起きます。これを防ぐために2度塗り3度塗りとプリントを何回か繰り返すわけですが、キャップの場合ビビッド(彩度の高い)カラーは、素材との相性がよくないので色負けしてしまいます。できる限りビビッドなカラーは避けた方が吉です。

3

QRコードを色地に載せる場合はネガポジを反転する。

最近QRコードが何かと便利で流行っていますね。ラインやメール、ホームページなどのアドレスを瞬時に紹介できるのでとても便利です。ただデザイン制作時には注意が必要です。色が濃い生地にプリントする場合はネガポジが反転するので、デザイン制作時に下地を引いてネガポジを反転しないと読めなくなってしまいます。注文時にご確認・ご相談くださいね。

4

入稿用テンプレートを使うと便利

イラレ入稿テンプレートを用意いたしました。原寸大の大きさでデザインを配置しそのままご入稿いただけます。こちらをクリックしますと専用のページに繋がりますので任意のテンプレートをダウンロードしてご利用ください。※テンプレを使用してデータ制作の際にはAdobe Illustratorが必要です。

5

今回ピックアップした商品はこちら!

今回は、割と使い勝手の良い3種類をピックアップして制作しました。他にも
掲載されていない商品もお取り寄せ可能ですのでお気軽にご要望ください。

OTTO-H0468 OTTO-H1098 AC
キャップをもっと見る GO
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

枚数・制作内容やご希望納期によって割引率が 異なります。ご予算、納期等、ご要望などお寄せ ください。順次、折り返し連絡いたします。